真っ白な歯になれる!ホワイトニングの施術とは

サロンと歯科で受けられるホワイトニング

にっこり笑った時に真っ白い歯が見えると素敵ですね。清潔で爽やかな印象を与えることができます。しかし、歯は毎日磨いていても自然と着色汚れがついてしまうもの。黄ばんだ歯はホワイトニングという施術を受けることで白く戻すことができます。このホワイトニングの施術は、歯科とセルフホワイトニングサロンとで受けられます。ではこのふたつ、何が違うかご存知でしょうか。

どんな違いがあるの?それぞれのメリット・デメリット

歯科では過酸化水素を主成分とする薬剤を使って、歯の汚れを分解・漂白します。漂白までするため、もともとの色よりも白くすることが可能。希望するトーンを選んでホワイトニングできます。歯科医院内で施術してもらうほか、専用のマウスピースを作成して自宅で自分で行うこともできます。自費診療ですので歯科によって料金はかわりますが、だいたい3万円から5万円が目安となります。セルフホワイトニングサロンではポリリン酸やメタリン酸などを使って、歯の表面汚れを落とすことで白さを取り戻しています。漂白はできませんので、もともとの色よりも白くすることはできません。また、医療機関ではないサロンではスタッフが口や歯に治療行為をすることはできないため、薬剤の塗布やライトの照射など、すべてを自分で行う必要があります。自分で薬剤を塗るので、ムラにならないように気をつけなければなりません。料金相場は1回5,000円程度とお手頃で、続けやすいのが大きなメリットです。このように、歯科とサロンで特徴や料金が異なります。メリット・デメリットをよく理解して、自分に合った方を選びましょう。

品川美容外科の死亡について詳しく